So-net無料ブログ作成





スーパーロボット超合金 ブログトップ

スーパーロボット超合金「勇者王ガオガイガー 金色の破壊神Ver.」 [スーパーロボット超合金]

金色ガイガー81.jpg


スーパーロボット超合金「勇者王ガオガイガー 金色の破壊神Ver.」(AA)のレビューをさせていただきます。

スーパーロボット超合金「勇者王 ガオガイガー」(参考レビュー)とスパーロボット超合金「勝利の鍵セット 1」の金色バージョンがセットになったものです。

魂ネイション2012で限定販売されていたものが、魂ウェブ商店で再販されたものでパッケージも魂ネイション2012仕様になっています。

勝利の鍵セット1とのセットなのでそれなりの大きさです。

箱を閉じているテープの粘着力が結構強いので剥がすとき油断してると外装も一緒に剥げてしまいます。




ブリスターパッケージはセット内容がガラッと変わっているので一新されています。



オプションは
・交換用右手首2種、交換用左手首4種、交換用左手首両手組み1種
 ・交換用鬣パーツ 左右
 ・交換用スラスター 左右
 ・ゾンダーコア
 ・ゴルディオンハンマー
 ・マーグハンド
 ・マーグハンド交換用手首2種
 ・釘状エフェクトパーツ×3
 ・オーバーロードエフェクト
となっています。



まわりをぐるりと一周
金色といっても各部分ごとで濃淡がつけられているのが素晴らしいですね。




可動域については通常版と同じですね。



頭部
角が光沢のあるメッキになってますね。今回は露出状態の顔パーツと軟質の角はついていません。

また、顔パーツは固定されているので通常版の顔を取り付けることもできなさそうです。




胸部
タテガミの部分は金メッキ塗装になっています。
顎ももちろん動きます。




交換用のタテガミももちろん金メッキになってます。




背中
黒色の部分は明るい金に、赤色のラインの部分は朱色がかった金になってます。
大分イメージが変わりますね。


可動についてもこの通り、通常版と一緒ですね。



ステルスガオーをはずした背中

通常版ではプリントされていたサンライズのロゴ等はなくなっています。





ステルスガオー
今回ゴルディオンハンマーが付属することで気づいたのですが、この展開する突起は、マーグハンドを装備したさいの右手パーツを固定するためのものだったんですね。
なるほど、確かにそんな設定あったな。





ライナーガオーのコックピットの部分は明るいクリアーイエローになっています。


肩関節の部分の色もしっかり金というかラメの入った黄色になってます。











スタンド取り付けパーツの色も目立たないように本体に近い黄色になっています。





脚部


膝のドリルは元から金メッキ仕様でしたが、周りが金になっても目立ちますね。



キャタピラ・足の裏もむらなく金色に塗装されています。




ゾンダーコアも通常版より明るい色に変更されています。


ハンマーヘルアンドヘブン用の釘エフェクトに取り付けることができます。





オーバーロードエフェクト
こちらも金色仕様に合わせた色になっています。




ゴルディオンハンマー
中盤からの使われはじめた必殺兵器ですね。
ガオガイガー本体より長いのでかなり迫力があります。


その大きさもあってかなりディスプレイしづらいですが、ハンマーと柄の付け根にスタンドパーツを取り付けるためのパーツをはめることができます。


とっての部分は伸縮する仕様になっています。


ディスプレイしやすいように根元の設置面積を増やすためのパーツも付属しています。
こういった心遣いはありがたいですね。








マーグハンド
ゴルディオンハンマーを使用するためのアームパーツですね。


ハンマーヘブンもしっかり動きます。
ファイルサイズの都合で色が変わってます。


肘の部分も展開して可動域を広くするようになっています。


ここまでごっそり色が変わるとかなり印象が違いますね。
パワーアップによる一時的な金色化はかなりカッコいいですね。




金色状態のヘルアンドヘブンも様になります。
というか、こっちのほうが必殺技感が出て熱いですね。


一応ディバイディングドライバーも装着可能です。



マーグハンド装着




続いてゴルディオンハンマー装備




釘エフェクトは展開途中のものも付属しています。


「ハンマーヘル・・・


・ ・・アンドヘブン」でゾンダーコア回収状態も再現可能。



「光になれぇぇぇぇ!!」(檜山ボイス)


通常状態もかなり出来が良くて格好良かったですが、やはり必殺技系は金色バージョンのほうが映えますね。

限定品とはいえ、再販もされたのでわりと手に入れやすいとおもいます。
ガオガイガー好きなら気に入る逸品だと思います。



スーパーロボット超合金「勇者王 ガオガイガー」 [スーパーロボット超合金]

勇者王100.jpg

スーパーロボット超合金「勇者王 ガオガイガー」(AA)のレビューをさせていただきます。

勇者シリーズTV作品の現状では最終作である「勇者王ガオガイガー」の主役機体です。

作中ではガイガー・ステルスガオー・ライナーガオー・ドリルガオーの4機が合体してガオガイガーとなっていますが,今回の超合金では分離機構は搭載されていません。




梱包は2つのブリスターパッケージとプロテクトシェードをビニールパックしたものの4点となっています。



オプションは

・交換用手首×6
・交換用軟質角
・ディバイディングドライバー
・ブロウクンマグナムエフェクト
・プロテクトシェードエフェクト
・交換用フェイス
・ゾンダーコア

となっています。



まわりをぐるりと一周

勇者シリーズの王道デザインなが個性もきっちり出ている素晴らしいデザインですね。超かっこいい。



可動域の確認

左右への可動はなかなかのものなのですが、ステルスガオーが干渉する為後方への可動域が限られてしまいます。


ステルスガオーを外せばほぼパーフェクトな可動域になります。


通常顔+硬質角


通常顔+軟質角


露出顔+硬質角


露出顔+軟質角

目の赤い部分がちょっと小さめで左右で大きさが少し違っている気もしますが、
通常、露出状態のどちらとも造形もよく塗りミスもないのでいい感じです。

角(アンテナ?)は軟質、硬質の2タイプありますがあまり見た目に差がありません。



胸部
もう一つの顔ともいえるギャレオンもよくできています。


あごの部分は可動部となっており閉じた状態にもできます。




ガオガイガーの必殺技である「ヘル・アンド・ヘブン」のポージングをさせるためには腕を前面につきだす必要があるのですが、それだと胸部のギャレオンのタテガミが干渉してしまいます。そのため「ヘル・アンド・ヘブン」再現用の腕の干渉する部分を除去してある交換用タテガミパーツが付随しています。



背中

背中というよりステルスガオーですね。
かなり大きいので完全に本体が隠れちゃってます。


パーツを交換することで「ヘル・アンド・ヘブン」時のスラスター展開状態を再現できます。



一応こんな感じの可動となっており、腕と足との干渉を若干軽減できるようになっています。



ステルスガオーのみ、3つのガオーマシンのなかで今回唯一分離できる使用になっています。



底面には何かにつなげることができる突起を展開できる仕様となっています。
ただ、今のところ何に使うのかはよくわかりません。

追加パックで使うのかな。



ステルスガオーを外した状態の背中

合体した状態を前提としたつくりなのでステルスガオーとの連結ぶが目立ちます。



腰・胸の可動域はステルスガオーが干渉する割にかなり広いです。




500系新幹線に偽装したライナーガオー
客席の窓、出口用のドアもしっかり造形されています。
コックピットのウィンドウも少し見えずらいですが濃いクリアーパーツで作られています。


肩の可動部ですが、胸部側と肩側両方に引き出し部が設けられておりかなり広く自由度の高い可動域を実現しています。
2段階で引き出すのでフルに展開するとそれなりに見た目が残念になりますがこれはかなり熱いギミックw



腕部を展開した後の隙間のメカメカした部分もしっかり造形されています。
また、その隙間に腕が入るので肩を動かさずに腕だけを動かすことができます。





上腕付け根にロール関節、肘には二段階の関節が設けられておりかなりよく動きます。


前腕と肘の継ぎ目の部分は腕を曲げた時に前腕内部に収納される使用になっており腕を曲げても自然な造形になるような使用になっています。


左腕も基本的には同様のつくりですが、こちらはプロテクトシェード発生用の装置が造形されています。



股間
スカート部もかなりいろいろ可動部が搭載されています。





両サイドのパーツは
前後左右に動きます。




前面のパーツは二つのパーツで構成されており、それぞれが前後へ可動する形になっています。





基本的にステルスガオーに隠れている部分なので造形はあさっさりめ。
というか、スタント取付パーツを装着するために溝のついたでっぱりがあります。





脚部
かなりずっしりとしたつくりになっており、安定感抜群です。


股関節球にそって太ももがロールすることでねじれ方向の動きを再現できるようになっています。



かなり足回りはごちゃごちゃしているのでひざは90°くらいしか曲がりません。


膝のドリルは金メッキが施されています。



脛の部分は膝の動きと連動してレール部分が露出する使用になっています。



脛側面の装甲は外側のみ可動となっており足首の可動に干渉しにくいようになっています。



足首だけでなくつま先にも可動部が設けられているので大体のポーズで足をしっかり設置させられます。



ふくらはぎ、足裏もしっかり戦車のパーツが造形されています。



オプションのディバイディングドライバー
装着はガオガイガーの腕を外して付け替える方式になっています。


一応先端のドライバー部分は回転させられます。



ブロウクンマグナムエフェクト
こちらは腕にかぶせるように装着します。



ゾンダーコア
紫のクリアパーツで作られています


プロテクトシェードエフェクト

ブリスターパーケージと同じような素材で作られており結構薄めでやわらかいです。

中心に手の形のくぼみがあり、ハンドパーツ→プロテクトシェード→腕の順番で装備します。




シンプルな造形ながらかなり多くのギミックが搭載されていてなかなか遊び甲斐のある逸品です。


露出した顔を装備してギャレオンのタテガミを外せばなんとなくダメージ状態っぽくできたり。



ディバイディングドライバー!!(檜山ボイス)
掲げた状態にするとかなりの高さが・・・・w


ブロウクンマグナム!!(檜山ボイス)
やばい超かっこいい。

ちなみに爆発のエフェクトはリボルテックヤマグチ「ゲッター1 リニューアルVer.」に付属の品です。


プロテクトシェード!!(檜山ボry)

エフェクトパーツ表面が波打っているので光の反射がかっこいい感じになります。


ドゴーン!!

それにしてもこの爆発エフェクト優秀だな・・・


「ヘルッ! アンドッ! ヘブン!!」


「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ・・・」




うーん、ばっちり様になる。
ガオガイガーといったらやっぱりこれだよ。

このポーズがばっちり決まるだけでもう買う価値がありますね。


ドゴォ!!


バキバキ!!


オプションも豊富でいろいろなシーンを再現可能です。


スーパーロボット超合金シリーズは基本的にどれもよくできていますが、今回のガオガイガーは特に力が入っている感じがしますね。
ギミック・オプションともに豊富で遊んでいて飽きません。

ロボット好きなら押さえておいても損はない逸品だと思います。



スーパーロボット超合金「ガンバスター」 [スーパーロボット超合金]

ガンバスター56.jpg

「炎となったガンバスターは、無敵だ!!」

と言うことでスーパーロボット超合金「ガンバスター」(AA)のレビューをさせていただきます。
パッケージの時点ですでに熱いw


今回は二つのブリスターに分けて梱包されています。


まわりをぐるりと一周

原作と比べて色がちょいと明るめですね。
腕と足も細めに作られています。そのせいかスーパーロボットらしいずんぐり感がなくなっており、どちらかと言うとスタイリッシュないわゆるリアルロボット系な雰囲気が少し出ています。

他のレビューサイトさんでも賛否両論のようですが、個人的にはたまにはこういったアレンジもありかな~と思ったりしてます。まあ、すでにバンダイさんは超合金魂シリーズの方でガッツリスーパーロボットしているガンバスターを出していますね。


オプションは

各種交換用ハンドパーツ
「バスターコレダー」用腕部・脚部交換パーツ
「イナズマキック」用キャタピラパーツ
縮退炉取り出し用胸部パーツ

そしてなぜか2本付属の「バスターホームラン」用バットw
うーん、一応バスタートマホークが変形してバットになるっていう設定だからか?



可動域の確認
以前レビューさせていただいた同シリーズのスーパーロボット超合金「グレンラガン」(参考レビュー)と同様よく動きます。ただ股関節周りが角ばっているため足の開きが若干狭くなっています。
まあ、そんなものは誤差と思えるくらい肩部の可動ギミックが凝っていて素晴らしいです。



頭部
塗りミスも無く、角などもしっかりシャープに造形されているのはいいのですが
額の黄色の角が若干左に傾いてしまっているのが残念;:



胸部装甲




胸部装甲は取り外して縮退炉取り出し用のパーツを取り付けることでラストシーンの再現が可能になります。



バックパック

こちらも胸部装甲と同様に取り外すことが可能でスーパーロボット超合金シリーズのパーツが取り付けることが可能となっています。

とりあえず現在私が持っていて取り付けられそうなのはグレンウイングぐらいですが似合わなさそうなのでスルー。7月に発売予定「努力と根性セット」(魂ウェブ商店販売ページ)のバスターシールド待ちですね。


腕周りは結構大きいので、肩の部分と腕に分けて見ていきます。
まず肩から。
そのままバスターマシン1号2号つくってもいけそうな感じですね。
ちょいと直線部のバリが目立つのがいただけませんが。

肩は通常のボールジョイントとは別に胸部を軸に間接がせり出てくる仕様でかなり広い可動域を確保しています。



また、肩上部にはスライド用の溝がありこのように動きます。
この機構のおかげで腕の動きに合わせて他の部位に干渉しないようずらすことができます。



さらにボールジョイントでも接続されているため地味に前後にも動きます。


続いて腕部
うーん、近くでみてもやっぱり少し細いですね。



ひじ間接は2段で構成されており、かなり自然に動きます。




腰、かなりシンプルなつくりです。



可動域はこんな感じ、後への可動はなかなかですが前方へかがむ方向へは曲がりにくいみたいです。






股間
このカクカク感がガンバスターらしくていいですね。

背面にスタンド取り付け用アタッチメントが挿入できる穴が開いてます。



側面のパーツはボールジョイントで接続されておりこんな感じに動きます。






塗り、造形ともによくできているのですが、やっぱり少し細めですね。


正座まであともう一息のところまで曲がります。最近の超合金はすごいですね。(まあ昔のを大して知っているわけではないですが・・・)


膝関節は2段となっています。太もも部分がスライドして延びることで自然な曲がり方を表現しています。



腰同様ここもこんな感じに動きます。



足首の可動域はこんな感じ

内側への曲がり方が二段階となっていて、最後にニュッと伸びるのがなんだか面白いですね。



足の裏
キャタピラ装着用のくぼみがあります。個体差かどうかは分りませんがかなりきつめのくぼみなのでキャタピラの装着は結構むずかしいです。


脛の装甲ははずすことができ中のメカメカした部分も造形されています。
メタリックでかっこいい。



そしてその部分に「バスターコレダー」を装着できます。

このコレダーパーツ、取り付け部が結構ゆるめに作られているので外れやすいです。



腕のコレダーパーツは装甲をはずして取り替えるスタイルではなく、肘から先を丸々取り替えるスタイルになっています。



ガンバスターといえばガイナ立ちですよね~
肩が前面に向かって開く機構のおかげでわりと腕組みらしいポーズができます。

ただ、あまりにも代表的なポーズなので腕組み専用パーツがあっても良かった気がします。






最後の縮退炉を取り出すシーンもバッチリ


小道具としては非常にありがたいバットw


なぜか左打席。多分右利きだしホームラン打つのに左打席

正直とるとき間違えました。





何アニメのキャラだよ!!しっくりきすぎだろw
アイアンリーガーかよ!!w


とりあえず2本あるので装備してみた。うんやっぱり2本は違うな。





バスターコレダー!!
シンプルな感じが一気にすっげぇゴテゴテ感にw
いいねぇw



イナズマキック
うむ、バッチリ決まってる。買っててよかった魂ステージ(スタンドのことです)!!



アタッチメントを足の裏に取り付けることでスパーロボット超合金「漢のドリルセット」(参考レビュー)のギガドリルを装備することができます。
結構重くなるのでドリルを支える用のスタンドは必須。



ドリル装備状態でのイナズマキック
かなり迫力満点です。





コレダーパーツ先端にもドリルを装着できます。



なにやらものすごいことに・・・w
ちなみに「漢のドリルセット」一つでは腕のみか足のみのコレダーパーツ分しかドリルはありませんので腕・足フルでのドリル状態にするためには2セット買う必要があります。

2個買いしててよかった。


ほっそりとした感じが少し気になるガンバスターでしたが、慣れればコレはコレでありかなと言った感じですね。
そんなことは瑣末なことと思えるくらい良く動きますしなかなかの一品です。

いやぁ、最近、グレンラガンといいガンバスターといいスーパーロボット超合金シリーズが熱いですね。なんだか真ゲッターも出そうな雰囲気だし、マジンガーのほうにも手を出そうか考え中だったり。




スーパーロボット超合金「漢のドリルセット」 [スーパーロボット超合金]

ドリル03.jpg

スーパーロボット超合金「漢のドリルセット」(AA)のレビューをさせていただきます。同シリーズのスーパーロボット超合金「グレンラガン」(参考レビュー)の追加オプションパーツのドリルセットです。

グレンラガンだけでなく今後発売されるシリーズでも使えるような仕様になっているようです。
パッケージにはガンバスターのイナズマキックに使用したサンプル写真が載ってます。



箱から取り出すとこんな感じ。
ドリル・ドリル・ドリルそしてドリルと漢のドリルセットの名に恥じないドリル三昧ですw

ギガドリル×1、回転状態ギガドリル×1、軟質素材ドリル×26、硬質素材ドリル×2、ドリル展開角パーツ×1
ギガドリル装着用アタッチメント×1の構成となっています。



個人的に今回の一番の目玉、ギガドリル。

何気にこのサイズのドリルはグレンラガンの可動フィギュアでは初ですね(多分)。

質感、造形ともに満足な出来なのですが、サイズがサイズだけあって二分割で作成したものをあわせて造形されているので継ぎ目が若干目立ちます。



回転状態のギガドリルを再現するときは、通常のギガドリルの上にかぶせるように回転ギガドリルを装着します。
見た目以上に軽いですがさすがに長さがあるので腕だけで支えるのは困難ですが、ドリルふち部にスタンド取り付け用の穴が開いているのでそこにで支えられる仕様となっています。


左:軟質素材ドリル
右:硬質素材ドリル

軟質素材ドリルも硬質素材ドリルも造形自体はそう変わらないのですが、軟質素材のほうは先端を軽く指で押させるだけで写真のように曲がってします。




フルドリライズ!!

これだけ大量のドリルを展開するとさすがに圧巻ですねw
まあその分取り付けもなかなか大変ですw





頭部ドリル展開状態

頭部ドリルは角の穴に取り付ける形式ではなく
角自体をドリル付のものと交換する仕様です。



ここからドリルを取り付けられる部分を細かく見ていきます。
まず、首の付け根の左右に一箇所筒ずつドリルを取り付けられます。
なぜか右側のドリルの穴だけ緩々なのでドリルがすぐぽろぽろ落ちます;:

何箇所か同製品のレビューを見させてもらったのですが、そういった問題点については触れられていなかったのでおそらく私の購入したグレンラガンの不良だと思われます;:


背中
プレートの四隅にドリルを取り付けることができます。



ひじ両サイドに各1箇所ずつ、拳両の両サイドに各1箇所ずつ取り付けられます。





股関節横プレートの前面の左右に書く2箇所ずつ、裏面左右に1箇所ずつ、合計6箇所取り付けられます。




膝に3箇所ずつ足に3箇所ずつ取り付けられます。

・・・・・多いよ!!w


フルドリライズ形態はトゲトゲしていてなかなか迫力がありますね。


ギガドリル展開
通常状態・回転状態の二種の状態を好みで選べます。

やっぱりスーパーロボットならコレくらいでかいサイズの武器(ドリル)はいるよね!!


ギガッ!!ドリルッッ!!


ブレイクゥゥゥゥー!!

ヤバイ超かっこいい。

スーパーロボット超合金「グレンラガン」を買われた方はぜひこちらの「漢のドリルセット」も買うべきですね。
楽しさ8倍くらいになりますよw


ちなみに私はガンバスター用にもう一個買っているのでダブルギガドリルも可能です!!







スーパーロボット超合金「グレンラガン」 [スーパーロボット超合金]

グレンラガン.jpg

スーパーロボット超合金「グレンラガン」(AA)のレビューをさせていただきます。

パッケージの暑苦しい感じがたまりませんね。


箱から取り出すとこんな感じ。


オプションは交換用フェイスパーツ2種、交換用ハンドパーツ3種、グラサンブーメラン2個、胸部交換パーツ1個、ミニドリル4本、グレンウィングそしてディスプレイ用パーツ。

かなりコンパクトにパッケージされていますね。


周りをぐるりー



ウィングをつけた状態でぐるりー

下半身ががっしりしている割に上半身がちょっとスリムですね。

グレンウィングをつけた状態では気になりませんが、素立ちの状態では若干味気ない気も・・・

まあその分かなり安定して立たせることができます。



可動域の確認

腕の可動および左右と後方への足の可動は完璧といっても過言ではないのですが
前方への足の可動が少し残念な感じ。



この可動を妨げている原因は側面の装甲パーツなのですが,外すとこれだけ動かせます。
詳細は後で見ていきますが、関節部のつくりがかなりよくできていますね。


通常顔


食いしばり顔


叫び顔

塗りミスもなく造形もなかなか良い感じです。
RIOBOT版(参考レビュー)と比べると少しスリムな顔ですね。
こっちの方が原作に忠実な感じ。


後頭部

少しバリが目立つ気もしますが全体的にバランスよくできています。



胸部
かなり原作に忠実に作っていますね。
グラサンから透けて見える黄色い目がシブイ。
うん、素晴らしい。



リボルテック版(参考レビュー)やRIOBOT版と同様にグラサンは取り外せます。
さすがにRIOBOT版のような眼球を動かすギミックはついていないですね。まあこの価格でそこまで要求するのは酷ですね。



もちろん顎の部分は動きます。



背中
ドリルを取り付ける用の穴が4つ開いています。



グレンウィングを取り付ける際は背中のプレートを外してから取り付けます。






写真撮った後に気が付いたのですがこれ球体関節を逆向きに取り付けているので実際はもっと曲がります。
(いつか撮り直します。)

球体関節とは別にもう一か所関節が肘に設けられているのでかなりの可動域になっています。


肩のカバー

この付け根も可動部が二カ所あるのでかなり自由度が高いです。


腕の付け根はボールジョイントとなっています。
また胸部から肩までの継手が長めに少し作られているので、肩の前後への可動がかなり広いです。


大グレン団のロゴ入りプレート
メタリックな塗装がまぶしい。
RIOBOT版のアレンジの効いた感じもいいですが、原作に忠実なものの方がしっくりきますね。


大グレン団のロゴ入りプレートの装着部はスライドする機構になっており、
可動に合わせて他部へ干渉しない位置にプレートを動かすことができます。


腕前面にはドリルが取り付けられます。

まあほかの部位にも取り付けられるのですがそれについては同シリーズ「漢のドリルセット」のレビューで詳しく取り上げます。






口を閉じるとメカメカ下部分がかなり露出します。
ちょっと細すぎな気もしますね。


腰の可動はこんな感じ
なかなかよく動きます。




股間

股間のプレートは前方へ動きます。





残念?ながら尻のプレートは動きません。



尻の部分にはスタンド取り付け用のアタッチメントが取り付けられます。
(下の画像のホワイトバランスがやられているのはご愛嬌)







超合金らしいかなりがっしりとしたつくりです。


正座までは無理ですがかなりよく曲がる膝です。


肘と同様に膝も関節が2こ使用されています。


膝を曲げるときに展開される甲冑みたいな部分がカッコいい。


膝の装甲部分も若干動きます。





足首の可動

関節自体の可動域はかなり広いのですが、足の付け根の装甲に干渉するため地味に角度が制限されます。

それでもかなり大胆なポーズに対応できるので特に問題ないです。



THE ガイナ立ち
腕組みもばっちりこなすとは素晴らしい!!
さすがアクション超合金だぜ!!


グレンラガンといえばこのポーズ

うーんたまらんのう・・・・これはグレンラガンフィギュアの決定版やな。


ドリル展開!!


グラサンブーメラン!!


ガイナ立ちその2


期待通りかなりよくできていました。
同じこと言いますが個人的にグレンラガンフィギュアの決定版だと思います。


アレンジかっこいいのRIOBOT版
廉価で遊びやすいリボルテック版

そして、原作忠実再現ハイクオリティスーパーロボット超合金版(長ぇw)て感じですね。

どれもそれぞれいいところがたくさんありますが、
正直、最初にグレンラガン買うならこいつをお勧めしますね。




スーパーロボット超合金 ブログトップ
レビューリスト
(赤字は仮レビューなのでおいおいきちんとしたレビューをやろうと思います。)


ジョジョの奇妙な冒険

「超像可動」シリーズ

第2部
ジョセフ・ジョースター   シーザー・アントニオ・ツェペリ    カーズ    ワムウ    エシディシ


第3部
スタープラチナ       空条承太郎          シルバー・チャリオッツ

J・P・ポルナレフ      ハイエロファントグリーン   花京院典明

マジシャンズ・レッド    モハメド アヴドゥル       ザ・ワールド

スタープラチナ2nd    ディオ                空条承太郎2nd

ザ・ワールド・セカンド   ジョセフ・ジョースター&イギー  ディオ 覚醒版

ザ・ワールド3 SAND Ver.     空条承太郎 Ver.1.5   ディオ Ver.Black

シルバーチャリオッツ・セカンド


第4部
クレイジー・ダイヤモンド     東方仗助   キラークイーン

吉良吉影    ザ・ハンド      虹村億泰

広瀬康一&エコーズACT1    エコーズACT2&ACT3   キラークイーン・セカンド

吉良吉影・セカンド    空条承太郎    スタープラチナ

岸辺露伴&ヘブンズ・ドア   岸辺露伴&ヘブンズ・ドアー セカンド   岸辺露伴 Ver.2


第5部
スティッキィ・フィンガーズ   スティッキィ・フィンガーズ・セカンド   ブローノ・ブチャラティ

グイード・ミスタ&セックス・ピストルズ   グイード・ミスタ&セックス・ピストルズ・セカンド

ゴールド・エクスペリエンス   ジョルノ・ジョバーナ   J・P・ポルナレフ   シルバー・チャリオッツ

ナランチャ・ギルガ&エアロスミス   パープル・ヘイズ   パンナコッタ・フーゴ

トリッシュ・ウナ   スパイス・ガール


第6部



第7部



第8部
東方定助


限定品
広瀬康一&エコーズACT1・セカンド   エコーズACT2&ACT3・セカンド

東方仗助・セカンド   キラークイーン・サード   クレイジー・ダイヤモンド・セカンド

ディオ・セカンド   岸辺露伴 Ver.2 Black   ジョルノ・ジョバァーナ WF2013冬限定版


その他「超像」シリーズ
超像ストラップ 「石仮面」 通常版 & 血しぶき版


「スタチューレジェンド」シリーズ
トニオ・トラサルディー   トニオ・トラサルディー セカンド   支倉未起隆

支倉未起隆 SECOND   虹村形兆&バッド・カンパニー   虹村形兆&バッド・カンパニー SECOND

ヴァニラ・アイス     ヴァニラ・アイス セカンド     クリーム

クリーム セカンド    矢安宮重清&ハーヴェスト   宮本輝之輔   宮本輝之輔 SECOND   

エニグマ   エニグマ セカンド

音石明&レッド・ホット・チリ・ペッパー   音石明&レッド・ホット・チリ・ペッパー SECOND

空条承太郎    スタープラチナ   スタープラチナ セカンド   

J・P・ポルナレフ   シルバーチャリオッツ

影DIO   影DIO SECOND   影DIO THIRD   ザ・ワールド   DIO

吉良吉影   キラークイーン   キラークイーン セカンド   ソフト&ウェット   東方定助

クレイジー・ダイヤモンド   山岸由花子   山岸由花子 セカンド



「RAH」シリーズ
ジャイロ・ツェペリ     岸部露伴     デッドマンズQ・吉良吉影

6部 空条承太朗     ウェザーリポート    岸辺露伴 六壁坂 Ver.

グイード・ミスタ




その他

「figma」シリーズ
アイギス     アイギス 重装ver.   アイギス The ULTIMATE ver.    

アイギス The ULTIMATE ver. ファミ通オリジナルカラー    メティス

ラビリス   ラビリス ファミ通オリジナルカラー   里中千枝   天城雪子

阿良々木暦   戦場ヶ原ひたぎ   八九寺真宵   神原駿河

千石撫子   羽川翼   阿良々木火憐   阿良々木月火

カイジ   巴マミ   巴マミ 制服ver.   関羽雲長



「リボルテック」シリーズ
真ゲッター1   ブラックゲッター   ゲッター1リニューアルVer.

アークグレンラガン    超銀河グレンラガン    天元突破グレンラガン

グレンラガン(グレンウィング付ver.)    ジェフティ   アヌビス

ジェフティANUBIS登場版   ジェフティ&ベクターキャノン

ネイキッド ジェフティ   アージェイト

アーカード   島津豊久   ウッディ   スネーク   

広目天 木調版   リオレウス

タチコマ   タチイエロー

よつば   「ダンボー・ミニ 企業コラボプロジェクト (1BOX)」



「ROBOT魂」シリーズ
νガンダム   νガンダム拡張フルセット   サザビー

ランスロット   紅蓮弐式   ガウェイン



「RIOBOT」シリーズ
グレンラガン



「PLAY ARTS改」シリーズ
ソリッド・スネーク    サイボーグ忍者    和平ミラー   ソリダス・スネーク

雷電(METAL GEAR RISING REVENGEANCE)   雷電 White Armor ver. (METAL GEAR RISING REVENGEANCE)



メガハウス
イザナギ    コノハナサクヤ   マガツイザナギ   鳴上悠   天城雪子



「フィギュアーツZERO」シリーズ
鳴上 悠   天城 雪子   里中 千枝   ペルソナ3 主人公



「D-Arts」シリーズ
イザナギ    タナトス    コノハナサクヤ   マガツイザナギ   ジライヤ   伊邪那岐大神



「Twin Pack」シリーズ
クマ&TV    イザナギ&失言のアルブリー   天城雪子&里中千枝   鳴上悠 & 久慈川りせ



アルター
アイギス ART WORKS Ver.   エリザベス   桐条美鶴



マックスファクトリー
キャサリン



海洋堂
でっかいよつば ソフビフィギュア   

綾瀬風香-制服version-   綾瀬風香-水着version-   「電撃大王」誌上通販限定版 綾瀬風香-Tシャツversion-

セブン-イレブンネット限定版 綾瀬風香-Tシャツversion-   綾瀬恵那-私服×水着version-

「よつばストラップマスコット 全5種」   「カプセルQフロイライン よつばとしろとくろのどうぶつ 全5種」



フリーイング
リサ・シルバーマン



「ヴァリアブルアクション ハイスペック」シリーズ
紅蓮弐式



「S.H.フィギュアーツ」シリーズ
仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ   仮面ライダーBlack RX   アクロバッター



超合金
アイギス+重装甲パーツセット

アルトアイゼン      ヴァイスリッター      アルトアイゼン・ナハト

グレンラガン   漢のドリルセット   ガンバスター

勇者王 ガオガイガー    勇者王 ガオガイガー 金色の破壊神Ver.



「ねんどろいど」シリーズ
天城雪子



ワンコイングランデフィギュアコレクション
ペルソナ4



小物
学校の机と椅子



お遊び
マック・ハッピーセットのサスケ    P4 スペシャルくじ   マイケル・ジャクソン900円フィギュア   プライズ景品 ギルティクラウン「ツグミ」   メタルギア ライジング リベンジェンス特典 「仔月光」






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。